上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Bz13.jpg


気づけば12月で、もう中旬ですね~。
この調子だとあっと言う間に12月終わって紹介しそびれそうなので、慌てて記事UPします。
B’zの曲紹介の6曲目でいつかのメリークリスマス」!
今年もこの曲の時期が来ましたね~♪
言わずと知れたB’zのバラードの名曲中の名曲。
クリスマスソングと言えば、という問いに必ずと言って良いほどあがる定番曲ですが、
なんとこれもシングルではないんですよね~。
この曲は『FRIENDS』というミニアルバムの中の1曲です。
この『FRIENDS』はストーリー仕立てになっている実験的なアルバムで、
ファンの中でもとても人気が高いアルバムなのですが、
その中でもこの曲は特に人気が出てあっという間に知名度があがりました。
ただ、季節を限定してしまう曲のため、ライブやTVでなかなか演奏されないのが惜しい
ライブでは12月にかかるライブツアーの時だけ、
("The 9th Blues"、 "BIG MACHINE"、 "C'mon "の3ツアーの12月のライブのみ)
TVに至ってはわずか3回の演奏でもっと貴重です。
なかなか演奏されないので、最初は幻の名曲扱いされてたような(笑)。
でも、曲を良く聴くと決してハッピーなクリスマスソングではなく、
幸せだった過去に思いを馳せている切ない曲なんですよね。
クリスマスソングの定番曲とされているのに若干違和感を感じますが、
まぁ、「クリスマス・イブ」や「ラストクリスマス」なんかもあるしおかしくないか…?
この曲単体で聴いてもとても良い曲ですが、ストーリー仕立てのアルバムの中で聴くと
また違った感動が味わえると思うので、一度で良いからアルバムで聴いてほしい名曲です。
この位置で聴くから余計切ないし胸に沁みる、みたいな(笑)。
いや~でも、『FRIENDS』はホントに名盤…


いつまでも 手をつないでいられるような気がしていた
何もかもがきらめいて がむしゃらに夢を追いかけた
喜びも悲しみも全部分かち合う日が来ること
想って微笑みあっている 色褪せたいつかのメリークリスマス


>

しかし、とても20年以上前の曲とは思えない、今聴いてもやっぱり良い曲だなぁ

あ、この曲の歌詞全文はこちらです→http://www.uta-net.com/user/phplib/Link.php?ID=8030


スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。